これはNG!おじさんがやってしまいがちな残念なファッション


一緒に歩くのが恥ずかしいお父さんにならないために

街中やショッピングモールで良く目にするのが、残念なファッションのおじさんです。一緒にいる奥さんや子供はお洒落なのに、お父さん一人が残念な格好では一緒に歩くのが恥ずかしいと思われてしまうかもしれません。それではあまりにも悲しいですよね。今回はおじさんがやってしまいがちなNGファッションをご紹介します。これを読んでドキッとしたあなたは要注意です!

ダボダボシルエットのジーンズ

今40~50代のおじさん達が若かった頃、ジーンズというのは1~2インチ大きめを買って、裾も長めにカットしてクシャッとさせて履くのが流行でした。未だにその頃のクセが抜けず、ダボクシャのジーンズを履き続けているおじさんを見かけます。また若かった頃はダメージジーンズも大人気だったため、膝に大きな穴が開いたジーンズを履いているおじさんも見かけます。ジャストサイズのきれいめジーンズが主流の今はどちらもNGです。

オーバーサイズの上着

ジャケットやブレザーなどの上着も、「着ていて楽だから」とか「お腹が目立たないから」といった理由で大きめのサイズのアイテムを着ているおじさんも多く見られますが、これもNGです。肩幅が合わない大きすぎる上着を着ている姿はとても野暮ったく見えてしまいます。お腹を引っ込める努力をするのが一番ですが、それが難しければセミオーダーで作るというのもひとつの方法です。

ブランド名がデカデカとプリントされたアイテム

量販店などでこのようなものを身に付けたおじさんを見かけることがありますが、一般的には女性ウケは決して良くありません。ブランド品であることを自慢したい気持ちが表れて、下品に見えてしまいます。ブランド物はあくまでさりげなく持つのがスマートなおじさんです。

agaを京都で治す場所としてユニークなのはオンライン診療をしているクリニックです。スマホ1つで医師と面談して治療メニューを吟味できるので便利です。